休日

【束の間の安息?】防衛大1年生の休日

平日は厳しい生活を送っている防大生も、基本的に土日はオフとなる。防衛大の1年生はどのような休日を送っているのか解説する。

金曜の夜から電源オフ

平日の1945から2215までは自習時間といって自習が義務付けられているが、金曜となると勉強している学生などほとんどいない。頭の中はすでに休日で、外に出たら何を食べようか、どこに行こうか、そんなことばかり考えている。

 

休日は食堂が空いていないので、全学生にカップ麺やレンジでできるビビンバなどが配られる。(弁当食=弁食)配るのはもちろん1年生だが、これを終えるともう土日なので、みんな文句も言わず黙々と配り続ける。

 

上級生は部屋について配られた弁食を見ると、「あぁ、もう金曜か…」という気分になる。ちなみに休日には外に出る人が多いので、弁食は余りまくる。

 

(禁止行為だが、親や友人に配ると喜ばれる。防大ではないが、オークションに出品した自衛隊員は懲戒免職されたとか。)

土曜の朝

土曜日はたくさん眠れる!!

 

起床時間が0700だから。(平日は0600)2230-0700まで眠れるので8時間半の睡眠がとれる。時間外就寝が完全に禁じられている1年生にとっては貴重な睡眠時間である。(十分早起きだけど)しかし、休日!土曜日!だからといってすぐ外に出られるほど防衛大は甘くない。

外出点検

防衛大の1年生は制服での外出が義務付けられている。どこへいくにも制服で出かけなくてはならない。

【上級生(カッター後の2年生以上)】
学校を出るときは制服で出なくてはならないが、外に借りている下宿で服を着替えることができる。下宿は10人程度で共同で借り、月の個人負担は5000円前後が多い。「防大から私服で出られたらなあ」とすべての学生が思っているが、制度が変わることはなかなかなさそうだ。

 

制服で出かけるにあたって、なんとも面倒なことに、「外出点検」というものがある。制服にシワがあったり、襟章(バッジ)がくすんでいたら外に出ることはできないのだ。

 

容儀点検に比べると点検は緩いが、それでも休日なのにプレス(=アイロンがけ)を強制されるのは苦痛なものである。

 

外出点検は

0750
1230

の2回に分けて行われることが多い。この点検に受からないと1年生は外に出られないのだ。

校友会(=部活)

大半の校友会は土曜日の午前中が活動時間に充てられている。起床→外出点検→校友会→外出といった流れが多い。

 

この時間に校友会がない部活はいわゆるノンポリと言われることが多く、ヒエラルキーの下層に埋もれてしまう。逆にヒエラルキーが高いといわれている校友会は土日どっちも校友会があったり、午前も午後も校友会があったりする。

 

休日は休みたいという人はノンポリ(=ノンポリシー,無方針)にならざるを得ない。

>>校友会ヒエラルキー解説

休日にできること

防大1年生が休日にできることは限られる。

 

制服着用の義務
門限(土曜2300:日曜2200)

 

などがあるため行動も制限されるし、そもそも禁止されている遊びが多すぎるため本当にやることがない。

 

防大1年が封じられた遊び一覧

ゲーセン 制服で行くのは不適当
1年生は、成人していても酒が飲めない。11月(開校祭)以降は、4年生の監督があれば飲酒可能
タバコ 2年のカッター期間明けまでは喫煙不可
競馬,競艇 制服で行くのは不適当
電車でのスマホ 自衛隊の品位を損ねる
交通機関で着座 品位を損ねるので座ってはいけない。立って吊革につかまる
イヤホン 制服着用時にイヤホンは不適切
漫画喫茶 制服で赴いてはいけない
ボウリング 官品の靴を盗まれる可能性があるため
温泉 制服を紛失する可能性があるため
メイド喫茶 自衛隊の品位を損ねる
風俗店 自衛隊の品位を損ねる
遊園地 アトラクションに乗ってはいけない。ディズニーランド等の入場自体は可能
手をつなぐ 恋人とデートをしても、距離を堅持して歩かなくてはならない
食べ歩き 自衛隊の品位を損ねる
立ち読み 自衛隊の品位を損ねる

 

………。

 

出来ることがねえ!!

 

 

逆にできること一覧

飲食店での食事 マクドナルドに行ったり、焼き肉食べ放題に行ったり、フレンチのフルコースに行ったりはできる。立ち食いなどはできないので、お祭りの屋台では何も買えない
映画館 映画を見ることは可能。暗いので寝てもバレない
カラオケ 密室で騒いでも見られないため黙認。防大生同士の男女で入店することは禁じられている
腕時計を買う 持っていても、買いに行っても怒られない数少ない私物。私服外出は禁じられているため、私服を買うことはできない。ゲームやその他おもちゃは所持自体が禁止のため購入も不可
本を買う 書店に行って本を買うことは許されます。漫画はもちろんNG
自動車学校 免許を取ってない人は学校に通うことができます。(もちろん制服で)防大側に申請を通す必要があっていろいろ面倒

 

 

………。

 

 

 

あまりに少なすぎる。

 

こうなると、1年生の行動パターンはだいたい決まってくる。

具体的行動パターン

①1日中寝る+スマホ

最もお金が貯まる黄金パターン。防大生は、お金を使わなくても生きていける。平日は食堂で3食出るし、服は支給される。家賃も光熱費もかからない。

 

休日も前述の弁食があるので、飢えて死ぬことはない。手取り9万くらいはあるので、年間100万円は貯まる計算になる。休日は平日の疲れをいやすためゴロゴロ寝っ転がる。お金はスマホにかける通信費だけ。

 

そういう人も実際いる。

②エンゲル係数高過ぎ

エンゲル係数とは、1世帯ごとの家計の消費支出に占める飲食費の割合(パーセント単位)のことである。
出典:コトバンク

 

つまり食費が高いってことだ。毎回言ってるが防大の食事は本当においしくないので、土日の食事にこだわってる人は結構いる。私なんかは食事が大好きだから、土日にどれだけおいしいものを食べられるかが平日を頑張るためのカギだった。

 

高校卒業したての18歳が突然渡される現金9万円。しかも毎月もらえる。お金を使うときは土日×4=8日間しかない。毎週2万円以上使える……?

 

1年生の外出での出来事は、一斉喫食での貴重な話のネタになるので、ほかの人とは一味違うものを見つけに行きたいところ。こうなると、5000円の食べ放題なんか週に何回でも行ってしまう。回転寿司で5000円使ってもなんとも思わなくなる。

 

実際私が大学1年生のときは分不相応な食事(特に焼肉)をしまくった。1回の食事で1万を超えたこともあった。行動が制限されたなかで、平日のストレスを発散と抑えていた食欲を同時に満たす方法は、

 

お金を使う+食べる=焼肉

 

これしかなかった。

 

おかげで2年生に上がる頃、手元には20万程度しか残らなかった。

③映画orカラオケ通い

午前に部活を終え、昼は弁食を食べる、14時くらいに出かけて映画を一本見て、食事をして帰る。1年生の休日はだいたいこんな感じに収まる。違いは映画になるかカラオケになるかくらい。

 

変わり映えもなく、

「1日中寝ててもいいか…お金かかるし…」

と外出を断念することもよくある。

 

後になって思ったことだが、自動車免許は1年生のうちに取ったほうがいい。(もっと言うと、高校生の時に取ったほうがいい)せっかく2年生に上がって自由に遊べるのにその時間を自動車学校に費やすのはもったいない。勉強も複雑になるし。

 

1年生の、遊びが限られているときに免許を取ってしまうことを勧める。

④100均へGO

1年生は基本的に雑用扱いの奴隷なので、清掃に使う物品は自費購入である。(雑巾など)ついでにゴミ袋や紙コップ、割りばしなども購入しなくてはならない。

 

このような理由から、「何となく疲れて気乗りしないな~」と思ってもどうしても外出しなくてはならないこともある。

日曜の夜

日曜の夜は大体の場合は容儀点検がある。(全体の飲み会とかがあるとなくなる)1年生はしっかり遊びつつも、容儀点検に向けて作業服をプレスしたり、靴を磨かなくてはならない。面倒かもしれないけど、やらないともっと面倒なことになるのでしっかりやるべき。

 

>>容儀点検はこちらを参照

 

点呼は2210に実施される。1年生は2100くらいには学生舎に戻り、いろいろと準備をしておいたほうが無難。

まとめ

制服で外出しなくてはならないという制限は思いのほか大きいもので、どこに行ってもじろじろ見られることに最初うちは慣れなかった。そもそもなぜ制服で外出しなくてはならないかというと、「防大生であることを自覚させるため」市民が制服を見たいから」などといった理由からのようだ。

 

じゃあなぜ上級生も一旦制服で外に出なくてはならないのか、外に下宿をとる必要はどこにあるのかという問題については、「そうしないと地域の不動産業界が衰退するから」だと噂されている。

 

単純計算で5000円×1500人×12か月=年間9000万円ものお金が防大から横須賀地域へと還元されていることになる。これを失うと……という癒着的な一面はあるのだろうか。

 

あくまで学生間での予想、噂なので真偽は定かではない。

 

ただ、学生は制服外出を不便に思って抗議活動のようなものはたびたび起きてはいるが、防大サイドが話を取り合ってくれる気配は一切ないので、今後も外出時の制服着用義務と1年生の制服外出は続いていく文化なのだろう。

 

お金と時間の使い方は人次第なので、後悔の無いようにに使い道を考えよう。

 

私はおいしい焼肉がたくさん食べられて幸せでした。

 

おわり

POSTED COMMENT

  1. 1年生の父 より:

     校友会で土日もつぶれて自動車学校に一学年のうちに通えるものですか?

    • 防大くん より:

      はい、通っている学生もいます。ただ、1学年時は勉強も生活も忙しいため、なかなかハードなスケジュールになることは確かです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です