全般

【定期訓練】重装備で○○km行軍?!防衛大の年間行事を解説!②

この記事は

>>4~7月の行事はこちら の続きです。

防大のHPは役立たずって話から始まってます。

8月

夏季休暇 or 夏合宿

校内でちょっと面倒な申請を頑張れば、比較的簡単に行くことができます。社会情勢が不安定なところはその年によって禁止されたりします。

 

 

1か月間の夏季定期訓練を終えると、待望の夏休み!

 

いっぱい楽しむぞ!

 

…と思ってるそこのあなた。
その前に夏合宿が待っています。

 

夏合宿とは、校友会所定で行われる地獄の部活強制期間である。この合宿の期間は校友会によってまちまちで、合宿は少なめで夏休み楽しもう!派と、強くなるためにこの期間を有効活用しよう!派があり、前者は「ノンポリ」(=無方針)、後者は「」と呼ばれる。実際のところ、せっかくの夏休みにあまり部活をやりたい人はいないが、ノンポリのレッテルを貼られないように申し訳程度(3~5日)の合宿を行うことが多い。

 

え、7月いっぱい運動しまくったのにまだ運動すんの?早く実家に帰りたいんだけど??というそこのあなた。ノンポリの部活に入ればいいだけです。自分の時間を大切にしたいなら、周りの目など気にせずに思い切りましょう。

校友会の上下関係が知りたければこの記事もおすすめです。

 

>>校友会のヒエラルキー構造

 

ちなみに防衛大の夏休みはたったの20日間。平均して5日ほど合宿が行われるとしたら、休めるのは15日のみです。

 

一般大に進学していった元同級生たちの、毎日が春休みかのようなインスタのストーリーを見て悲しくなることもあるでしょう。「俺はどうしてこの道を選んだ…。」でも、休みが少なくても仕方ありません。

 

だって給料もらってるんだから。
(ちなみに夏休み中も入ります。)

 

ちなみに一般に精強と呼ばれる部活は夏休みより夏合宿のほうが長かったりします。

 

9月

え、ついに「前期定期試験」からコメントが消え失せたけど、大丈夫?説明する気ある?水泳競技会で2行も説明したから疲れちゃったのかな~?

 

水泳競技会

文字通り水泳の競技会です。4つの大隊が優勝を目指して、泳力に自信のある精鋭たちを送り込みます。

 

種目は50m、100m、リレーなどの各種泳法(クロールや平泳ぎなど)、フィンリレー、着衣水泳、水球など、多岐にわたります。年によって種目が細部入れ替わるのも特徴です。

 

前回の記事 でも話しましたが、私は泳ぎが得意ではないので4年間を通して水泳競技会に貢献できることはありませんでした。応援するか、部屋で寝ていた記憶しかありません。クロールとかしたら鼻に水入って溺れませんか?普通に考えて。

 

夏休み明けから本格的に練習モードが始まり、出場者は朝と昼に強制的に練習に出されます。朝から泳ぐと非常に疲れるからか、この練習期間の1か月くらいは授業中の睡眠率が異常です。(常に異常ですが)

 

競技会は丸1日使って行われるため、その日の授業はすべてなくなります。

 

前期定期試験

もう字面が無理ですね、「前期定期試験」。一般の方からは「ほふく前進」だけしてると思われがちですが、案外普通に勉強しているのです。

 

定期試験期間中の1年生のテストは例年7個前後になることが多く、なかなか大変です。(授業中の小テストで成績評価を済ませてくれる教官もおり、とても助かる)

 

理系1年生にとっての鬼門は何といっても数学と物理。いくつか科目ごとに分かれているのですが、どの授業も微分かベクトルか行列をやっているだけなので、授業間の違いは特にないです。

 

逆に言うと、高校時代にこれらの勉強をおろそかにしていた学生は泣きを見ることになります。理系科目は3つ落とすと強制留年が口を広げて待っていますので、本当に頑張りましょう。テスト期間中にちょっと頑張ればいいだけです。

 

なお、努力もむなしく、毎年30人前後の1年生が留年を告げられます。

 

>>防大の偏差値についてはこちら

10月

秋季定期訓練

でました。「集中して訓練を行います。」防大さん、真面目に説明する気はありますか?

 

 

え?!この前夏定訓やったじゃん!

 

この季節になると全1年生がこう思います。短すぎる夏休みが一瞬で終わったと思ったらすぐに定期試験が始まり、何とか切り抜けたと思ったらまた訓練。しかもこれがなかなか厳しい。

 

訓練地である北富士演習場はこの辺にあります。Googleのクチコミ☆4.3は笑う。なんのクチコミだよ。

 

 

20km行軍

秋の定訓は割とこれがメインです。10kgくらいの荷物を背負い、定番の乙武装・ライナー、銃を肩に背負い、黙々と20km歩く。

 

はい、二度とやりたくりませんね。

 

秋の前のどこかで10km行軍があり、20kmが本番といった形になります。45分~1時間に1回くらい荷物を降ろして休憩することができますが、この時に座り込むとシバかれます。

 

そして20km歩いた後の決まり文句、「20km行軍は目的を達成するための手段だ!これより主任務であるハイポートを実施する!」とかなんとか言って銃を持ったまま何kmか走らされます。これはお決まりというか様式美なので、「もしかしたらないかも…」と淡い期待はやめた方がいいでしょう。必ずあります。

 

ちなみに陸上要員になると40km行軍。陸幹校まで進むと100km行軍に進化します。航空も幹校に行くと60km行軍があるようです。20kmはまだまだ序の口なんですね…。

幹部候補生学校=幹校。防大を卒業した後に行く学校。陸は久留米、海は江田島、空は奈良市に存在する。それぞれ半年から1年程度で卒業となる。防大卒は無条件で進学できる。なお、防大卒でなくても大卒資格があれば外部受験をすることによって入校が可能。防大の存在意義が問われる…。

あおざくら|28話より これに皮手袋を着け、さらに上から鉄製の帽子をかぶり、右肩に4㎏強の銃を携行します。とにかく暑いし、全身が痛い。

 

 

 

飯盒炊爨(はんごうすいさん)

めっちゃカッコいい字を書きますが、要するにキャンプごっこです。穴を掘ってかまどのようなものを作り、飯盒でお米を炊きます。カレーはなぜか出来上がったものがやってくるので、かければカレーライスの出来上がりです。(普通にうまいし楽しい)

火起こしからやらされそうな感じはありますが、固形燃料でスピーディーに炊けました。

 

 

天幕(てんまく=テント)組み

自衛隊ではテントを天幕と呼びます。いちいちカッコいい。

 

事前に予習があるので、現地でもそこまでてこずることはありません。ただ、隣の天幕と一直線に並べないと、やり直しをさせられるので注意が必要です。

富士山をバックにした天幕。右奥に見えるのは仮設トイレです。ライブ会場とかにあるよね。

 

 

夜営(やえい)

20km歩いてハイポートしてご飯炊いて天幕張っておやすみ……とはならないんです。

 

天幕を張ってここを拠点に活動しているという設定なので、誰かが起きて見張りをしなくてはいけません。

 

見張りには種類があって、歩哨と立哨(ほしょう・りっしょう)に分かれています。歩哨はいわば定点観測。持ち場を見張ります。立哨は動き回って、拠点に不審者が入り込まないかチェックし、報告をします。

 

見張り中に誰かを見つけた場合、誰何(すいか)をしなくてはなりません。

 

「だれかっ」

「〇〇教官です」

やさい?

ニンジン

「お疲れ様です、通ってください。」

このようにあらかじめ適当な合言葉を決めておき、簡易的に相手が敵か味方か判断する方法が誰何です。 夜営はシフト制なので、夜の2時~3時に割り当てられたり、交代の人がいつまでたっても来ないとかになるともう絶望です。

 

非常呼集(ひじょうこしゅう)

夜営は朝6時までシフトが組まれていて、6時に起床という風に訓練日程が出ているのですが、それは大体嘘です。

 

6時を迎える前に笛が鳴り響き、叩き起こされます。「訓練非常呼集」がかかると、その時に示された装備、持ち物を持って、なるべく素早く教官のもとに集まらなければなりません。

 

これは定期訓練に限らず、日常生活でもたまにかかったりするので、素早く動けるように日ごろから意識しなくてはなりません。

 

 

———————————————————

秋季定期訓練の話はこれくらいなのですが、またもや3000字を超えてしまったので次に続きます。

 

>>開校記念祭の11月から!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です